さとし君の日ごろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日米防衛協力のための指針について(2)

<<   作成日時 : 2015/08/08 16:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

指針で、一番最初のは1978年は日本の有事。1997年見直しは朝鮮半島有事。
今度は「グローバル」な地域と際限ない地域を対象にしてる。宇宙まで。
共同声明も終え、これで4人の大臣だけで軍事同盟の内実が決められること
になってしまった。

指針の目的の一部をキーワードとして書きましょう。
□政府一体
□地域の及び他のパートナー並びに国際機関との協力。
□日米同盟のグローバルな性質
そして長い文章をアップします。
□「(同盟調整メカニズムは)平時から緊急事態までのあらゆる段階において
自衛隊及び米軍により実施される活動に関連した政策面及び運用面の調整
を強化する。」

長い文を骨にして、キーワードを考えると、軍事情勢の急な展開に即応するの
ではなくて、常日頃から共同訓練・作戦をし、世界の軍事情勢を分析し、具体的
作戦については、日本はきまってから後で閣議か国会できめる。。こうしたガイド
ライン先行型となったことである。キーワードの「政府一体」の中味である。
対象とする地域も「グローバル」にし、「他のパートナー」とあるから、日米豪の同
盟ともしていくことが定められた。
韓国はベトナム参戦したのは対象地域がアジアとあったので、出かけて行き、
多数の死者もでた。中東にはでかけてない。
米海軍と海上自衛隊は交戦規定(ROE)を既に持ち、過去も今も海上で共同訓
練を繰り返している。共同パトロールは既にしている。
海上自衛隊法35条を改正してしまい、武器を使用し、米海軍の船を護ることが
できるようにしてしまった。米は中国のシーレーンへの監視に日本護衛艦を前
面に出せる。

要は世界のどこの地域でも米と日本の防衛省官僚、前線幹部自衛隊員の判断
で、日本の存立に関係するか、米がこのままでは危ないと論議され、作戦も決め、
その結果を日本政府は受けるだけとなることだ。国民の前で審議、時間もない
閣議もあるだろうに。。

おふざけた指針である。米も日本の外交や軍事戦術の誤りで、自己が、相手国
が戦闘準備にある状況に深入りすることは嫌に決まっています。従って米ご都
合主義の指針に対して、米に「奉仕」しておけば何かあったなら日本は困ること
はない。。との子供の喧嘩みたいな発想であり、我が自衛隊員がPKOの兵站活
動こそ今度は撃たれるのだし、戦闘状態に至り、それでも棺で帰還をさせること
などないと言うしかない米隷属度である。武器、弾丸、食料、医療、通信、整備の
基地である兵站こそ狙うのが戦争である。

安倍が米に言うことは、助けなければ安保は破棄。。それが嫌なら本土に還れ
。。それで十分なのだ。「ベトナムはなぜ負けた?」と聞けば良い。
自身の国土防衛ということでは、世界で一番の専守防衛作戦センスと武器を持
す自衛隊。武器、戦艦、戦闘機は少ないが優れてる。
画像

日米2国間距離がゼロ。ガイドラインは押しつけが中心となり、質は悪く変化。
国独自の軍隊はその国のもの。。こういうことが無視されていく。
超高層を2棟崩し、フセインを殺すため出動した。黙って米も本土にいることこそ
「世界積極的平和路線」である。米が最近出かけた先は「残務」ばかり作る。理不
尽な米への反撃は当然であり、それを「世界の情勢の変化」と言う。
日本人が「残務整理」のために命を落とせるか。。日本人も米軍は世界最強の軍
隊であり、近くにいてもらわないと困るという感覚は捨てるべきだ。
米は兵站を大切にし、軍事の基本を知っている。インパール大作戦はしない。
当然「特攻」はない。ベトナム戦争では、佐世保、横須賀、沖縄が兵站基地であった。

病院に高齢者が行き、これまでより千円札が多く消えていかせるまでして、日米
ガイドラインを「死守」することがアベノミクスである。年金まで貢ぐ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日本を軍隊の無い「骨抜き」に したのはアメリカ…でも「武器を売るため(?)」に 抜いた骨を「ホドホドに戻した」のも…アメリカ…。今度は…どのように変化させるつもりなのかな?
まだこもよ
2015/08/12 18:16
ご存知、敗戦で旧軍隊を「骨抜き」、レッドパージをし、軍隊に取り付く財閥とシロアリ、戦争を作った役人の公職追放をし終わったら、中華人民共和国の樹立で警察予備隊を作りました。中共成立にあわきふためき、米は60年安保要求。東アジアの中共包囲もベトナムで負け、失敗。
>「武器を売るため(?)」
米市民が全員反対のオスプレイを日本に買わせました。そして配備。なぜオスプレイを作ったか?駄目な飛行機でも企業の経営上ためですよ。今度の変化のことですが、司令官は米で、イスラエルに行くことの指令を受け、ガザ地区への攻撃もあり得ますね。日本の我々の金で。
安倍は隣の火事の例え話をしました。隣に火事が起きるわけがない。ガス、灯油ストーブ、ライターもないおちぶれた家なのです。米は国家財政規律をしっかりしていくことは、与野党と国民の約束です。日本の国家財政を悪くしても、自分だけはよくしたい。自衛隊の命と武器にすがるので、過去の栄光にいつまでもすがる、見栄があります。金の関係から海兵隊本部はグアムに移動したので、米は辺野古も使う必要もないのです。
さとし君
2015/08/12 22:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
日米防衛協力のための指針について(2)  さとし君の日ごろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる