さとし君の日ごろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『注目』京都精華大学の建学理念

<<   作成日時 : 2017/07/22 01:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

以下は京都精華大学のHPからの建学の理念です。

『京都精華大学は、1968年にリベラルな政治学者であった初代学長岡本清一を中心にまったく新しい大学の創造をめざすべく誕生しました。岡本清一は、学長就任の条件として、「教育の基本方針に関する覚書」を提示。この覚書には、京都精華大学の建学の理念とも言える「人間尊重」「自由自治」がうたわれています。

「人間尊重」「自由自治」を基盤とし、新しい人類史の展開に対して責任を負い、世界に尽力する人材の育成を使命としてきた京都精華大学では、学生、教員、職員がすべて人格的に平等であり、全員が大学の創造に参加しています。』

すばらしい建学理念ですね。  1968年ごろは、全国の学生が、学問とは?大学はどうあるべきか?いずれ社会に出る学ぶ者として自己は今どうあるべきか?。。自己の将来を犠牲にしても考えてきたと言われてます。
岡本学長は職員と教員の合同会議を大切にしてきたと言われ、学内の者は全て平等との考えだと感じます。
理念あってこそ大学があるのですと思います。  建学理念は大学の岩盤です。 ドリルを内閣府で使えません。
経済的な特別な国家プロジェクトとして作られる学部や大学をどう考えていったらいいのか。。考える参考に、京都精華大学のHPは、当ブログ管理人にはためになります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

『注目』京都精華大学の建学理念 さとし君の日ごろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる