さとし君の日ごろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 前代未聞だと?!証拠捏造は検察の体質。裁判所も同罪!!

<<   作成日時 : 2017/09/10 19:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

前代未聞だと?!証拠捏造は検察の体質。裁判所も同罪!!
http://www.asyura2.com/10/senkyo95/msg/658.html
投稿者 black9 日時 2010 年 9 月 22 日 15:33:11: gWkPHV3D8TzCo
 
画像

 


前代未聞だと?!証拠捏造は検察の体質。裁判所も同罪!!
「財田川事件」、「松山事件」。ひき逃げ死亡事件。鹿児島夫婦殺人事件。大分市女子短大生殺害事件。

捏造疑惑 過去にも(東京新聞10-09-22)
・・・ しかし過去を振り返る と、多くの事件で証拠にも手が加えられた可能性が 指摘されてきた。
 例えば一九七五年に新潟県で発生したひき逃げ死亡事件。最高裁は1989年、「一、二審判決のを破棄しなければ著しく正義に反する」と逆転無罪を言い渡した。
  この事件で下級審が有罪の決め手としたのが、被告とされた男性のトラック後輪に付いていた血のようなものだった。ところが最高裁は「検問時、付着物は存在しなかったことを否定できない」とねつ造の可能性を示唆した。事件発生直後の検問で見つからなかったのに、二日後に警察著へ行って発見されたことなどが理由だった。著名な再審無罪事件でも、血痕の偽造疑惑は持上がっている。

 五〇年に香川県で発生した強盗殺人事件「財田川事件」では、死刑判決を受けた故・谷口繁義氏の再審が八一年に始まり、三年後に無罪が確定した。ポイントは、事件時にはいていたとされるズボンの血痕。再審の決定や判決では「血痕は事件後に付着した疑いがある」と指摘された。この事件では、谷口氏に有利な証拠を「紛失した」と偽って、検察側が隠したという問題も浮かんだ。

 宮城県で五五年にあった殺人放火事件「松山事件」の再審でも、裁判所は掛け布団の襟当ての血痕が「状況が不自然。捜査当局の押収後に付着したと推測できる余地がある」と判断。いったん死刑が確定した故・斎藤幸夫氏に再審無罪が言い渡された。
六九年に発生した鹿児島夫婦殺人事件。福岡高裁の差し戻し審は八六年、犯人とされた被告の男性に無罪判決を出した。最高裁が八二年に破棄差し戻しを決めた理由ひとつが、重要証拠とされた犯人の陰毛の「すり替え」疑惑だった。査中、警察は被告に任意提出させた陰毛の一部を紛失していた。その紛失した毛が、いつの間に 「被害者の遺体から検出された毛」として鑑定に回されたのではないかと疑問を呈したのだ。

 また八一年に大分市で女子短大生が殺害され事件では、専門家によDNA鑑定の証拠が否定された。福岡高裁が95年六月に出した無罪判では、被告はパーマの髪だったのに、鑑定にわれた犯人の毛髪は長い直毛だったと指摘。鑑定ミスの可能性が高いとして、鑑定書の信用性を否定した。
──────────────────────────────────────
(コメント)植草さんの事件だったと思うけど裁判官が「警察官がウソを言うことは考えられない」と堂々と判決文に書いたことがある。

亀井静香は”裁判官は「どこの馬の骨か分からん被告より、エリート検察官を無条件に信用する」”といっている。
裁判官も同罪だ。  

01. 2010年9月22日 16:33:52: DhtGT4Wu4U
 高知白バイ事件もはっきりと証拠の捏造があったがこれほどの騒ぎにならなかった。密室での調書が法廷での証言に優先したムネオ事件もしかり、調書の捏造は日常的に行われている。
 今回前田主任検事ってよほどに傲慢でマスゴミからも嫌われていたのか、はたまたネット世論におもんばかって少しガス抜きしようということか、それとも他に理由があるのか考えどころだ。

02. 2010年9月22日 17:02:31: sNdKce6x8o
こんなことでなんで騒ぐんだろう?
検面調書なんてほとんど検事の作文だよ。
フロッピーなんて軽い軽い。

03. 2010年9月22日 17:17:31: LEOsXaFHRU
メディアも同罪。私は、朝日新聞のカメラマン?がサンゴに故意に傷をつけて、記事を捏造した時に、朝日新聞を止めました。

04. 2010年9月22日 18:17:12: iUqPWksjJ6

「前代未聞」とは、バレたことが前代未聞だってことですよ。


05. 2010年9月22日 21:01:23: Un75oX767c
NHKもねつ造番組作ってたね。
フジテレビ系のあるある大事典は有名なでっち上げ番組だったね。
これからもうそ放送は繰り返される。
犯罪でっち上げも行われるね。
民主党政権で、自分の身は自分で守る、正当防衛法を確立しよう。

とろこで、新しい法相はだれだったっけ?柳田稔とか言わなかったっけ?
どこへ逃げ隠れしてるんだ?
自分の犯罪でっち上げられるのがこわいのか?
それとも、なんか隠したいことがあるのか?
柳田稔法相は、警察検察批判すると捕まるのか?

ところで、この事件千葉景子元法相も知ってたはずだよな?
なんで何にもしなかったんだ?

06. 2010年9月22日 23:21:37: dFQfn0xMh2
まあ、警察官はどこの馬の骨か分からん連中ではないのは確かだな。
警察官は親族関係を深い部分まで調査されるから。
なので、当然、暴力団関係者が親族にいる人は警察官にはなれない。
ただ、仙波氏の言う様に犯罪に近い行為を行っているという慣習は
存在するだろう。しかし、これは警官に限ったことではないけどな(笑)

07. 2010年9月22日 23:29:01: dFQfn0xMh2
警官の身辺調査は遠い縁戚関係まで行われる
つまりは、身辺調査されたくない人は警官にならないことだ(笑)

08. 2010年9月23日 06:35:37: xUTYqRKlNo
証拠の捏造、変造なんか日常的にやられています。
古くは法医学の権威といわれていた古畑東大教授(当時)が、弘前大学教授夫人殺人事件で最初に調べたときには無かった血痕が、警察から再度鑑定を依頼されて調べたら出てきたなんていう鑑定をし、無実の人が冤罪で有罪になり後で真犯人が出てきたこともありました。古畑という法医学者は警察・検察に都合のいい鑑定を乱発し、多くの冤罪事件(財田川事件、松山事件も古畑が鑑定)に関わりましたが、自分の責任は一切認めず、後に文化勲章まで受賞しました。
裁判官も密室で作られた供述調書の方が、公開の法廷での被告の主張よりも信頼できるなどという全く理解出来ない理由で有罪の判決を乱発しています。検察官と同じ穴のムジナです。今回の裁判では検事の作った供述調書があまりにも杜撰なので、さすがにお仲間裁判官でも証拠に採用できなかったということです。
袴田事件は間違いなく冤罪事件だと思われますが、何度再審請求をしても裁判所は再審を認めず、袴田死刑囚は精神に異常をきたしているといわれています。逮捕時には一日に17時間も取調べ、刑事が拷問を行ったことも判明、一審で死刑判決を下した裁判官までが本当は無罪だと再審を求めても、最高裁判所は未だに再審を認めていません。死刑判決が確定してから30年経過しますが、歴代の法務大臣誰一人も死刑執行できなかった事件ですが、マスコミが取り上げることは殆どありません。
フロッピーの日時を変えるのが犯罪なら、供述調書をでっち上げるのも犯罪でしょう。村木事件に関わった6名の検事、副検事は全員逮捕するべきです。
マスコミもダボハゼのように検察からのリーク情報を欲しがり、何の検証もしないで垂れ流し報道をしていますから同罪ですし、世論調査などという捏造を毎週繰り返しています。

09. 2010年9月23日 08:24:45: 4mNS6r97lo
>証拠捏造は検察の体質。裁判所も同罪
 この組織を構成している方々は、幼き頃から仲間を蹴落として這い上がってきたのでしょうね。
 学力優秀と誉めたたえられて、結局暗記馬鹿ということにどこかで気がついて、これまでの人生を否定できずに、また人を冤罪に巻き込む、ほめられた人生ではないです、哀れです…

10. 2010年11月21日 02:13:20: EFS6a4bzuw
証拠ねつ造は検察の体質,裁判所も同罪。賛成。
11月22日月曜日朝から、ウェブで検索してください。
「柳俊夫」最高検です。この人物あてに公開質問状が出ますよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

前代未聞だと?!証拠捏造は検察の体質。裁判所も同罪!! さとし君の日ごろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる