さとし君の日ごろ

アクセスカウンタ

zoom RSS ETV特集 シリーズ 原発事故への道程(後編)「そして“安全”は神話になった」

<<   作成日時 : 2017/12/20 00:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ETV特集 シリーズ 原発事故への道程(後編)「そして“安全”は神話になった」



2014/10/18 に公開

2011年9月25日(日) 夜10時
10月23日(日)総合 午前1時45分 再放送
2012年1月1日(日) 午前1時50分(土曜深夜)再放送
シリーズ 原発事故への道程
後編 そして“安全神話"は生まれた
原子力政策研究会に集った原発関係者たちの録音テープと新たな証言により、なぜ福島原発事故が起きたのか、その歴史的深層を探るシリーズ。後編は原発が次々に建設された1970年代以降、日本の原発で事故は起きないという「安全神話」がいかにして誕生したか、その過程を明らかにする。
1973年石油ショックの翌年に電源三法が成立し、「安全」を前提に原発建設が加速していった。このとき、日本で初めて原発の安全性を科学的に問う裁判「伊方原発訴訟」が始まっていた。裁判は原発建設に反対する地元住民と科学者たちによる原告と、建設を推進しようとする国によって争われた。そこでは今回の福島原発で起きた「全電源喪失」や「炉心溶融」などの事態がほぼすべて俎上に載せられていた。公判中にスリーマイル島やチェルノブイリ原発の事故も起き、安全性の見直しが迫られる状況も生まれた。しかし最高裁は「行政裁量の分野」だとし、反対派の訴えを退けた。
原発の安全性を正面から問うルートが失われるなか、誰も疑問を挟めなくなった行政と業界、学術界により安全神話は膨張していくことになる。日本における最初で最後の本格的な原発法廷の消長を軸にして、安全神話がいかにして一人歩きしていったか、その歴史的メカニズムを検証する。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ETV特集 シリーズ 原発事故への道程(後編)「そして“安全”は神話になった」  さとし君の日ごろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる