【戦争党なのか??】「北方領土は戦争で取り返せ」維新・丸山穂高衆院議員

「北方領土は戦争で取り返せ」維新・丸山穂高衆院議員 ビザなし訪問時に発言
画像


北海道文化放送
カテゴリ:地域 2019年5月13日 月曜 午後4:11
 領土交渉への影響が心配されます。5月10日から北方領土の国後島を訪れていた、2019年度初めてのビザなし訪問に参加した日本維新の会の丸山穂高議員が「北方領土は戦争で取り返せ」と発言していたことが分かりました。


 (声)丸山穂高衆院議員:「(大塚)団長は戦争でこの島を取り返すことに賛成ですか?反対ですか?」


 (声)大塚小彌太団長:「戦争するべきじゃない!」


 (声)丸山穂高衆院議員:「戦争しないとどうしようもなくないですか?」


 「北方領土は戦争で取り返すしかない」などと、発言したのは日本維新の会の丸山穂高衆院議員です。

 丸山議員は衆議院沖縄・北方領土特別委員会の委員として、訪問団に参加しましたが、日本時間の11日、国後島内での懇親会の席上、訪問団の団長に対し、「北方領土は戦争で取り返せ」などと発言したということです。

 13日昼過ぎに根室港に戻った丸山議員は、会見で、「いろいろな意見がある事を伝えただけで、自分自身の意見ではない」と釈明しましたが、今後、議論を呼びそうです。

■管理人書込

北海道文化放送の動画は既に削除されている。

ウィキペディアは早い。

【2019年5月11日、北方領土のロシア人住民と日本人の元島民らが相互に往来する「ビザなし交流」の日本側訪問団に同行した際、酒に酔った状態で訪問団の団長に『戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか』という趣旨の発言を繰り返し元島民らから謝罪求められる事態となった。さらに飲酒後には、大声で騒いだり外出しようとしたことがわかった。発言を受けて日本維新の会は丸山に発言の撤回、謝罪することを指示した。】

日本維新の会はHPにて当然綱領を打ち出している。ロシアとの関係は明確に書いていない。政策の中に日米同盟の強化はある。だけども3期当選の党員の発言からして戦争を起こす党と言えないか?と個人として思う。3期ですよ3期。

丸山氏にあっては党綱領に不満があるなら正々堂々と議論すべきである。
最も民主主義的な党は徹底した議論を排除しない党である。党としてなすべきは指示ではない。

維新は安倍自民よりも北方領土返還についてはラジカルであるようだ。

直ぐに返してほしいなら、米国との同盟関係を解消するのが近道である。

憲法は国会議員は憲法を護ることを定めている。憲法も知らないで国会に登る者がいると言うことだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント