残念ですがお盆休みの富士登山は山頂まで行けません

■管理人書込
13日夕方の富士山ライブカメラの映像です。
cam1_2100.jpg

富士山から遠い台風の位置ですが、笠雲がかかりはじめました。
私の経験から笠雲は猛烈な風を伴ってます。ガスが顔に当たり痛いと感じるほどの風です。ガスの動く速度と風速は同じです。
麓の風が山頂に駆け上がり山頂で雲を起こし風は麓に吹き下ろしていきます。
ですから常に雲は入れ替わっていまして、これは独立峰特有の現象でしょう。笠雲に人は入れはできません。
ヒューヒューという音が鳴り、前以て強い風が来るという信号はありません。音は耳たぶを通る時の音か衣服が揺れる音だけです。
衣服は濡れ寒さは倍増します。
頂上の売店、山小屋はこれから揺れていくでしょう。スタッフも外に出れない状況になりましょう。山小屋が石積みで覆われてないスタッフは宿泊客がいない場合、怖さから石室の神社に逃げ込む事態となりましょう。
発信源 | GFS / NCEP / US National Weather Serviceの風の情報です。
700HPの高度の風です。
https://earth.nullschool.net/jp/#current/wind/isobaric/700hPa/orthographic

猛烈な風では静岡、山梨両県警の山岳救助隊も山頂に救助には行けません。
山小屋の店長ブログは常に登山は無理をしないこと、安全を呼掛けてます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

arara
2019年08月14日 17:48
今回の10号台風は超大型のようですね。毎年来ると思っていても、油断禁物、登山などもってのほかという状態でしょうね。
さとし君の所からはこんなに近くに富士山が見えて、うらやましいです。
さとし君
2019年08月14日 22:50
遠くでは九州、中国地方からも富士山登頂バスツァーがありますが、残念なことです。14日の山頂ブログでは台風対策で入口を板でふさぐ仕事にかかったようです。中心気圧はそれほど低いわけではないですが、大きい台風なようですね。今度の台風は観光地客を減らしたり、帰省の予定を狂わしますことも残念です。