【鉄塔設計のミスだ】東電の送電鉄塔2基が倒壊 10万戸の停電に影響 千葉 君津 NHK

東電の送電鉄塔2基が倒壊 10万戸の停電に影響 千葉 君津
2019年9月9日 17時17分台風 被害

台風15号の影響で千葉県君津市長石にある高さが50メートル前後の東京電力の送電用鉄塔2基が倒壊しました。千葉県で続くおよそ61万戸の停電のうち10万戸に影響しているということで東京電力は復旧作業を急いでいます。

送電網を管理する「東京電力パワーグリッド」によりますと、今回の台風15号の影響で千葉県君津市長石にある高さ45メートルと57メートルの比較的大型の鉄塔2基が倒壊し、送電が停止しました。

この鉄塔は山の上に建っていて、2基とも北側に倒壊し、送電線が樹木の上に垂れ下がるなどしています。

K10012071941_1909091715_1909091717_01_02.jpg

■管理人書込
画像の碍子の数は画像判定によると20ヶ所あるので、20本の送電網ですね。2本ぐらいの鉄塔なら地方の都市間のものであるが本数からしたら沢山の街に送る送電である。最大瞬間風速を65~70メートルを仮定し安全率1.2倍みない鉄塔の設計がおかしい。根本からボキリである。千葉県の街の発展により風圧を受ける送電本数を当初設計から増やした可能性もある。

送電線と鉄塔位置が表示されている国土地理院の地図では実際のある場所は君津市上面作なようだ。標高165Mの2本が倒れたとみてる。

NHKの最新ニュースを見ると
・復旧が遅れていることについては「被害状況は想定した以上で電線の張り替えや電柱の立て替えなど、工事の規模が大きくなった。ただ、当初の想定が甘かったことは反省している」と述べました。。とある。

復旧の遅れへの見通しが甘いなどとの東電の見解はF1への対応会見に似てる。

リテラは言っている。
・台風15号の甚大被害、千葉などで停電・断水続くも、安倍政権は内閣改造に夢中でほったらかし! 関係閣僚会議も総理指示もなし。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント