収入ゼロ、卒論難航、内定取り消し… 大学4年生襲う「三重苦」・西日本新聞

収入ゼロ、卒論難航、内定取り消し… 大学4年生襲う「三重苦」
2020/5/24 6:00 (2020/5/25 13:35 更新)
西日本新聞 一面 白波 宏野 竹次 稔

 新型コロナウイルスの影響で、大学最終年度の4年生が「三重苦」に追い込まれている。アルバイト先の休業に伴う生活苦に加え、就職活動も卒業論文の準備も思い通りに進められない。内定を得ても、企業側の経営悪化で取り消される不安が拭えず、就活を続ける例も。原則入構禁止が続く大学もあり、卒論に必要な資料集めや実験が難しく、学生たちを悩ませている。
 北九州市内の大学に通う4年の男性(21)は4月末、バイト先のジムから5月末での解雇を言い渡された。集団感染の恐れがあるジムは3月末から休業に入り、同月の給与は半減し、4、5月はほぼゼロ。親からの仕送り月5万円と奨学金月3万円で家賃と生活費を確保するのがやっとだ。
 一方で就活の企業説明会は3月の解禁日前後から中止が相次ぎ、説明会や面接をオンラインで実施する企業が急増。男性がネットでエントリーした13社も全てオンライン面接で、企業側の担当者とは一度も直接会わないまま。社風も面接官の反応もつかみづらいだけでなく「オンラインで自分の思いがうまく伝わるか」との不安もつきまとう。
 同じ大学を来春卒業予定の男性(22)は、4月に商社の内定を得た。
 留学で休学したため奨学金がストップし、バイト先も休業中で収入はゼロ。就活のために蓄えていた貯金を取り崩している。就活には区切りを付けたいが、多くの企業が新型コロナの打撃を受ける中で「先行きは見通せない」。内定取り消しに備え、他の企業の面接に挑み続けている。
 卒論も難題だ。全国の文系研究者ら有志でつくる「図書館休館対策プロジェクト」が4月17~30日に学生や研究者を対象に行った調査(有効回答数2519人)によると、学内への立ち入り規制などの影響で、論文を本年度提出する予定の760人のうち、約7割が提出時期に間に合わないと回答したという。
 この男性も就活と並行して論文準備に取り組むが、大学は今も原則立ち入り禁止。図書館などの利用にも許可が必要で、手続きが煩雑だという。男性は「必要な文献を自腹で買う余裕などない。図書館が早く再開しなければ卒論も進まない」と焦りを募らせている。 (白波宏野、竹次稔)

■管理人書込み
1370-1.jpg

記事に上げたのは5月24日の新聞です。今日6月29日に鉄道系ユーチューバー(登録チャンネル数49.1万)である、今年3月卒業の国立大学4年生の動画を見ていたら、まだ卒論を書いていないし、受理される日も解っていないという。彼の場合はそもそもユーチューバーとして売り上げが多くなり、株式会社を立上げるほどであり、会社に入社しない予定だった。彼の卒論の発言が気になり、「コロナ卒論書けない」でググったところ記事の新聞を探すことができました。
安倍官邸は担当大臣にも相談せずに全国の学校を休校せしめた。コロナ禍の最中に9月入学を官邸と自民は論議していた。世界のどの国も9月入学だと考えるのは大間違いである。
若い世代には人生設計する時日本を外して考えるかもしれない。しかしそれは間違いと思う。私達全員の心身が新自由主義というサプライチェーンに拘束されている。より強く、何重にも。他の国に住んでもチェーンがつきまとう。サプライチェーンを断ち切る闘いの声が世界の各国で挙がっている。チェーンを切りに行くための外国での活動は歓迎される。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント